スノーボードブーツ選び

投稿日: カテゴリー: グッズ・必需品

スノーボードブーツの種類

スキーにおけるスキーブーツと同じように、スノーボードにおいても重要な要素となるのがスノーボードブーツです。
ブーツがどのようなものであるかによって、滑走中の安定感に大きな違いが生じるため、初心者の人は特にこのブーツに気を使って選ぶのが良いでしょう。
ボードはレンタルをするという場合でも、ブーツだけは自分の慣れ親しんだものを利用した方が楽しめるケースが多いといえます。

そんなスノーボードブーツには、大きく分けて3つの種類があります。
まず1つ目は「紐ブーツ」と呼ばれるものです。
これは名前の通り、日もでもってブーツを締め付けて固定するというものであり、いわゆる靴とそれほど大きな違いがあるものではありません。
人力で締めなければならないため、十分な固定をするためにはある程度力がある人でなければならないという欠点があります。

そのため、女性が単独でスノーボードを楽しみたいというような場合には、紐ブーツでは固定が甘くなってしまうことがあります。
その代わり、調節も自在に行うことができるため、細やかな滑走感に注意しながらブーツの調製をしたいという場合には適切です。

次は「ボアブーツ」と呼ばれる種類です。
こちらは紐ブーツの紐部分がワイヤーとなっているもので、締めるのもブーツ自体の機能で行うことができるため、自分の力は必要ありません。
装着に時間がかからないため、気軽に着脱することができます。
その代わり、紐ブーツのような柔軟な調製を行うことは難しいとのがデメリットです。

最後は「クイックレースブーツ」と呼ばれる種類です。
上級者向けのような名前をしていますが、実際には必ずしもそうではなく、両者2つの中間のような性質を持っています。
締めやすく、かつ調整もしやすい作りとなっているため、紐ブーツを使いたいものの力がなく不安という人にも利用できます。

ブーツの選び方

それでは、スノーボードブーツはどのような要素から選ぶのが良いでしょうか。
まずは「フレックス」について気をつける必要があります。
フレックスはブーツの柔軟性のことで「ソフト」と「ハード」があります。
ソフトの方が柔軟性が高いために自分の思い通りに動かしやすく、ハードの方が硬いために高速な滑走に向いています。

メーカーによってもフレックスの刻み方には違いがありますが、基本的に数字が低いものの方がソフトタイプです。
まずはソフトタイプで慣れ、高速滑走になれたらハードに移行していくのが良いでしょう。

次に「サイズ」についてです。
自分の足にフィットしているサイズのものを選ばなければ、他の要素を満たしていても一気に使いにくいものになってしまいます。