最初は転ぶけど!

投稿日: カテゴリー: スキー・スノーボード滑り方

基礎を学ぼう

ようやく転ぶ練習と「ハ」の字をマスターすることができたら、次のステップは待ちに待ったリフトデビューです。
スキー場のリフトに乗るのは本当に緊張します、何度も乗っている私ですら緊張するのですから初心者の方がリフトを恐れるのは当然ですよね。

リフトに乗るときに必ず守ることは、スキーストックの紐を必ず自分の手にちゃんと巻きつけておくことです、私も何度かリフトに乗っている時に少し油断をしてスキーストックをゲレンゲに落としてしまったことがありました。
その時は私もレベルもやや上級者向けだったので、スキーストック一本でもなんとかゆっくりと「ハ」の字の状態で落とした場所までたどり着くことができたのですが、初心者の方は絶対にスキーストックだけは落としてはいけないです。
だからリフトに乗る前にしっかりと付属している紐に手を絡ませておきましょう。

リフトは降りる時が大事

ゆっくりとリフトが上へ上へと登って行きます、本当にこんなに高いところまで来てしまって大丈夫なのかな?と不安になる気持ちもありますが、間もなくしたらリフトから下りないといけないです。
ここからが勝負です!リフトから下りるときはゆっくりと板をまっすぐにして下りて、下りた瞬間に「ハ」の字に切り替えてゆっくりと移動してください。

私もリフトから下りるときだけは結構緊張してしまうのです、リフトから誤って落ちてしまいますと大けがになる恐れがありますので、本当にゆっくりと呼吸と足を整えて「ハ」の字を意識しながら下りるようにしましょう。
そしてここからインストラクターの先生と初めての斜面すべりです、どうですか?

リフトから下りて初めて見るゲレンゲの頂上から見る景色は非常に怖いものですよね。
でもこの景色がきっと楽しくて何度でも登ってスキーをしたくなるような気分にさせてくれるのはあなたの経験値次第でしょう。

自分のペースで滑ろう

周りのスキーヤーたちを見ているとみんな我先にとスピードを出してびゅんびゅんとかっこよく滑っていく姿がありますが、そこはもう恐れないで「ハ」の字をしっかりと意識してゆっくりとインストラクターの先生についていくようにしましょう、右左とまるでレーンのように足と腰を上手に左右と落とすように動かしながら下りていくと上手に滑っていくコツをつかんでいくことができます。

そして初めてのゲレンゲですので、絶対に思わぬスピードを出してしまって転びそうになることもあると思います。
確実に転ぶと思ったら思い切りお尻からこけるようにしてください、ここで最初にたくさん練習をした「安全に転ぶ」ことができると後はゆっくりとスキーストックを持って再び「ハ」の字を意識して足腰を右左と落とすようにゆっくりと斜面を滑ってみてください。
これを繰り返すことでようやくスキーの基本的な滑り方が完成します、そして無事にゲレンゲの下まで到着することができたら、足腰のことを考えながらインストラクターの先生と一緒に何度でも頂上からレッスンをしてみましょう!