スノーボードの基本

投稿日: カテゴリー: スキー・スノーボード滑り方

スノーボードを実際に楽しんでいる、という方も多いと思いますが、ここではこれからスノーボードを始めたいという方のために基礎的な滑り方について記述しようと思います。
ここでは、どういう滑り方があるのか、また注意点などについても記述していこうと思っていますから、是非最後まで目を通してみてください。

基礎的な滑り方

スノーボードで狙ったラインを正確にトレースするには、基礎を覚える必要があります。
どんなスポーツでも同様のことが言えますが、基礎を疎かにして上達するということはまずありません。
派手な動きやオーバーアクションの動きに惹かれてしまう方は多いと思いますが、まずは基本を覚え、それから徐々に色々なテクニックを習得していきましょう。

片足でターンするワンフットターンと呼ばれるテクニックがあります。
ワンフットでのターンはフロントサイドターンなどをする際に用いられます。
また、サイドスリップと呼ばれる滑り方もあります。

サイドスリップは、スノーボードを横向きにしてそのまま斜面を滑り降りるテクニックで、これができるようになれば急斜面に直面しても安全に滑走することができます。
また、このサイドスリップで滑っている最中に左右に移動するテクニックとして、木の葉落としと呼ばれる業もあります。

上手く滑るコツについて

スノーボードで上手く滑れるようになりたい、かっこよく滑りたい、と考えているスノーボーダーは少なくありません。
どうせならかっこよく滑りたいものですし、上手に滑れた方が気持ち良いものです。

スノーボードで上手く滑るコツですが、これはやはり練習しかありません。
先ほど挙げた基本的なテクニックをしっかりと練習し、少しづつ上達していくしか上手くなる方法はないのです。

これはどんなスポーツでも同じです。
稀に、最初からほぼ完ぺきにこなしてしまう天才的な人がいますが、そうした方は本当にごく稀なので、一般の方は基礎から練習してしっかりと基本的なスタイルを身に付ける必要があります。

また、上手なスノーボーダーと一緒に滑るのも上達のコツと言えるでしょう。
鷹の群れにトンビはいない、という言葉があるように、上手い人の集団には下手な人はいません。
上手なスノーボーダーと一緒に滑り、色々とアドバイスして貰うことが上達への最も早い近道ではないでしょうか。
これからスノーボードを始めようとする方は、とにかく基礎をしっかりと練習するべきです。
雪山に行くと、とても上手なスノーボーダーがいますし、その華麗なテクニックに魅せられてしまうこともあると思いますが、まずは基礎をしっかりと押さえてから派手な技を練習するべきです。
基本がなっていないといつまでたっても上達することはできません。