菅平スキー場

投稿日: カテゴリー: 初心者おすすめゲレンデ

菅平スキー場の特徴

初心者におすすめのスキー場です。
緩やかな斜面が多く、横幅も広いので滑りやすくなっています。

上信越自動車道 上田菅平インターチェンジから、国道144号線を右折。
あとは看板に従って行くだけで着くのでわかりやすいです。
道も良く、除雪も行われているので走りやすいです。

長さが短くなっています。
上級者、中級者、初級者のリフトわけがないので、リフトが混雑します。
高速リフトがありますが、あまり長くありません。

駐車場が大きいです。
表ダボスゲレンデ、裏ダボスゲレンデ、裏太郎ゲレンデ、白銀シュワルツゲレンデ、表太郎ゲレンデなどがあります。
スノーマシンにより、12月上旬から4月上旬まで確実に滑れます。

レンタルボードもあります

レンタルショップ天狗店、レンタルショップ裏太郎店、レンタルショップ奥ダボス店があります。
板ストック靴セットで一日4000円です。
また、ウェア上下で一日3000円です。

スキーのみ2000円、ストックのみ500円、ブーツのみ2000円。
ブーツのサイズは15センチから32センチまで。
板のサイズは200センチまでです。

ネットから予約すると10パーセントオフになりますので、予約は2日前までに行いましょう。
クレジットは使えず、現金のみとなっていますので注意が必要です。
申し込み時に支払いします。

利用期間中の交換OKです。
17時までに返却しましょう。

菅平スキー場へのアクセス方法

関東方面から車の場合、東京から関越道・上信越道で上田菅平ICより国道144号線・406号線を通っていき、約2時間40分ほどでいくことができます。
新幹線を使う場合は、東京から長野新幹線利用で上田まで約1時間10分。
上田から上田バスを利用で約1時間ほどで着きます。

名古屋方面から車の場合には、名古屋から長野道・上信越道で須坂長野東IC→国道406号線を通り、約4時間程で到着します。
新幹線を使う場合は、大阪から新幹線利用で名古屋まで最速52分、名古屋から長野まで中央本線で約2時間40分。
長野からタクシー利用で約50分です。

上田駅から菅平高原につながっている上田バスを利用する場合は、上田駅お城口バス乗り場3番発に乗りましょう。
大人は片道500円で利用可能です。

主なゲレンデタイプ

175ヘクタールのゲレンデ面積です。
奥ダボスゲレンデ、表ダボスゲレンデ、オオマツヤマゲレンデ、表太郎ゲレンデ、裏太郎ゲレンデ、ツバクロゲレンデなどがあります。

菅平スキー場とは全12のゲレンデの総称です。
パインビークエリア、ダボスエリア、タロウエリアの3エリアからなっています。

◎パインビークエリア
大松山の東斜面にあるコース。
ダボスと太郎山とは繋がっておらず、車などで移動が必要です。
初心者の移動はかなり大変でしょう。
上に行けば行くほど、斜面が急になっていきます。

◎ダボスエリア
根子岳の裾野にあるエリア。
緩斜面と中斜面で構成されており、上級者コースはありません。

◎タロウエリア
太郎山という、山に扇状に広がるコースで、初心者向けのロングコースがあります。
中級者向けのコースが中心です。

初心者は、タロウ・ダボスエリアがおすすめ。
コース幅は広めで、斜面も緩やかです。
特に2月は積雪量があり、初心者におすすめの時期です。
安定した積雪量があり、雪質も定評があります。

スノーボードは全面滑走可能です。
ボードパークは3か所あります。