【アメリカ】ジャクソンホール

投稿日: カテゴリー: 海外のゲレンデ

容赦の無い標高差 ジャクソンホール

標高差1200メートル、平均降雪量13メートルと、THE・雪山と呼ぶにふさわしいスポットとして知られて居るのが、ジャクソンホールです。
アメリカのワイオミング州に位置するこちらのジャクソンホールでは、切り立った崖を始め、容赦の無い標高差、角度のあるコースが多くあります。
コースの数は実に116コースで、ベースは1924メートル、トップは3185メートルと、ベスの段階で非常に高いことで知られているでしょう。

ゲートアクセスは約3千箇所ほど存在し、初級者コースから上級者向けコースまで用意されています。
初級10%、中級40%、上級50%というコース設定になっていますので、コース内容をキチンと確認した上で、自分に合っているコースを選ぶようにしてみて下さい。

また、ジャクソンホールは世界一旧都言われているシュートもありますので、有る程度技術がある方は、挑戦する方が少なくありません。
その辺りの雪山とは違う、アクティビティスポットにも溢れたスノースポットとして、多くのウィンタースポーツ好きを魅了しているでしょう。

ヘリスキーやヘリボード、バックカントリーも充実

普通のスキーでは飽きてしまったという方におすすめなのが、ヘリスキーやヘリボード、バックカントリーです。
なかなか日本では楽しむ事が出来ないアクティビティですので、ゲレンデだけではなく、ノートラックバーンの滑走をしたいという方にも、おすすめと言えるでしょう。

バックカントリーガイドツアーも用意されていますので,初心者でも安心して楽しむ事が出来ます。
観光に来たのであれば、是非とも楽しみたいスポットと言えるでしょう。

宿泊施設が充実しているジャクソンホール

ジャクソンホールでは、宿泊施設の選択肢が非常に豊富ですので、どの様な場所に止まりたいのかを考えてみることをおすすめします。

例えば、最も多いのが、スキー場近くのホテルに宿泊するという物です。
スキー場を一望できるホテルですので、すぐにスキーに向かうことも出来る点が魅力ですが、その分予約が殺到しやすく、お値段も高めなことが多いでしょう。

少し離れていてもお値段が安い方が良いという場合は、近隣のジャクソンタウンにあるホテルに滞在するという方法もあります。
ホテルの質自体はそこまで変り無い所がほとんどですが、ジャクソンホールまでは遠いので、シャトルバスを利用して通う必要が有る点が難点です。

値段を優先するのか、通いやすさを優先するのかも考えて、自分に合っているホテル選びをするようにしましょう。
また、ホテルによっては早めに予約をしないと宿泊できない場合も多いため、早め早めの予約をするように、十分注意をしてみてください。