スキー板選び

投稿日: カテゴリー: グッズ・必需品

初心者がまずそろえる道具

スキーを始めるに当たって、レンタルではなく自前のスキーを用意するのであれば、まず考えなければならないのがスキー板についてです。
スキー板にはいくつかの種類があり、どのような板を選ぶのかによって滑る感覚に大きな違いがあります。
その為、いくつかの要素を元にして自分にとって最も適しているスキー板を考えることから始めるのが良いでしょう。

スキー板を選ぶに当たって、まず考えなければならないのが「目的」です。
滑るのが目的であることはもちろん変わりませんが、どのような滑り方をするのかによって、適切なスキーに違いがあります。

まずは、しっかりと圧雪されているようなスキー場で滑りたいという場合です。
一般的なスキープレイヤーに取って相性がよい「オールラウンド」と呼ばれる板の種類が相性がよいでしょう。
このスキー板はセンターの幅が70から90ミリ程となっており、バランスの取れた幅調整がされています。

その為、ターンを行う際にもスムーズに行うことが出来、初心者でも比較的滑りやすいという特徴です。
特別な滑り方を目的とするのでない場合、あるいはそれがよくわからないという場合には、まずはこのオールラウンドタイプのスキーを選ぶので問題ありません。

次に、スキー場のようにしっかり圧雪されている場所以外でスキーを楽しみたい場合に良いのが「オールマウンテン」と呼ばれるタイプです。
センター幅が90から120ミリと広く取られているために、深い雪であっても滑りやすいのが特徴です。
一般的なスキー場で滑る場合でも使用することが出来ないわけではありません。

次は、トリッキーなスキープレイを楽しみたい場合に使用する「フリーライド」と呼ばれるタイプです。
前方と後方がともに反り返っているため、飛び上がったり回転したりというような動作が取りやすくなっています。
通常通りのスキーをする場合には少々滑りにくくなるため注意が必要です。

最後は、スピーディーな競技スキーのために利用される「レーシングスキー」についてです。
センター幅が短く、スピードが出るのが特徴です。
ターンには強くできているものの、技術がなければ乗りこなすことが難しいタイプとなります。

技術と体重

スキー板を選ぶ際には、目的だけではなく自分の技術的なレベルと、体重についても考える必要があります。
技術レベルが高く、高速滑走可でも問題ないのであれば、スキー板が硬いタイプのものを選んだ方が適正があります。
しかし、あまりスピード感のある滑走が出来ない人であれば、硬さが低い方が利用しやすくなります。

体重については、重い人は長めのスキーを、軽めの人は短めのスキーを利用した方がバランスが取りやすくなります。