ボード上達のコツ

投稿日: カテゴリー: スキー・スノーボード滑り方

足の曲げ方を覚えよう

上半身を曲げず、膝をまげるように意識してみましょう。
身体は股関節から曲げるのがポイントですよ。

リラックスした状態で、腰をおとして足を曲げます。
こわいと思ってしまうと、足がつっぱりやすくなるので注意しましょう。

前足に体重がのらないとボードをコントロールすることができません。
意識をして膝を曲げることが重要です。
足が突っ張っていると変な転び方をしやすく、けがのもととなります。

膝をまげたままつま先をあげる練習を行いましょう。
すねでブーツのタンをつぶし、膝をまげてかかとを上げる練習を行います。

段差ですぐに転倒する人は、膝を思いっきり曲げて滑ってみると良いでしょう。
膝を曲げることにより、ショックを吸収することができます。

目線ははずさない

足元が気なりますが、下をみていると転びやすくなります。
初心者は下を見がちですが、前を向くようにしましょう。

目線は自分の行きたい方を見ます。
目線を上げるだけで、転ぶ回数が少なくなりますよ。

車の運転のように目線を先にすることにより、予測ができるようになりますよ。
目線が近くになると、姿勢が悪くなりバランスをとりにくくなります。
また、目線が近くになると、膝がのびやすくなってしまいます。

意識して、遠くを見るようにしましょう。
目線を遠くにすると、体感速度が抑えられます。
また、目線を遠くにすると、身体が反応しやすくなり転倒しにくくもなります。

腕の伸ばし方を覚える

手を広げて練習を行うとバランスがとりやすくなります。
ボードと平行に腕を肩より少し下くらいに伸ばしましょう。

進行方向に自分の手が行くようにして滑ります。
腕を伸ばすことによって、バランスがとれて目線も保てるようになりますよ。

上半身を使ってターンしましょう。
腕を利用して、いきたい方向へ行ってみます。
見ている方向と肩の方向を連動させましょう。

手を広げることにより、自分自身もインストラクターからも動きが分かりやすくなります。
肘を曲げず、しっかり腕を伸ばすことが重要です。

焦っていても覚えられない

焦ると無意識でも力が入ってしまいます。
力が入っていると、膝が伸びやすくなります。
力が入ったまま、ターンをしようとしてもエッジが引っかかって転倒しやすくなるので注意しましょう。

焦らないように、リラックスした状態で何度も基本練習をします。
必ず、焦らず力を抜いた状態でチャレンジしてみましょう。

痛いと焦る上、やる気が薄れる原因になるので、プロテクターを上手に活用します。
ヘルメットを使うのもよいですね。

スピードが出ると焦るので、初心者コースで何度も練習します。
止まる練習を何度も行い、いざとなったら止まるということを意識するようにしましょう。