【スイス】ラークス

投稿日: カテゴリー: 海外のゲレンデ

隠れスポットとして知られる スイスのラークス

スイスのウィンタースポーツスポットと言えば、ツェルマットやサースフェーが有名ですが、シーズンによっては人が多く集まります。
場所によっては、思うように駆け抜けることが出来ないような場所もありますので、ストレスが溜まってしまう方も居るでしょう。

そんなスイスの中でも、あまりまだ日本人には知られて居ない、隠れスポットとして知られて居るのが、ラークスです。
サースフェーやツェルマット~非常に離れてしまっていますが、チューリッヒ空港から車や列車で2時間ほどの距離にありますので、交通の便は悪くありません。
ツェルマットなどとは、そもそもの最寄り空港が異なる、隠れスキー山として、密かに人気となっている場所といえるでしょう。

滑走時期は11月中旬から4月上旬と限られてはいますが、それでも、日本においてのシーズン期間以上は楽しむ事が出来ます。

ベースタウンは、ラークス、フェレーラ、フリムス

ラークススキー場のベースタウンは、ラークス、フェレーラ、フリムスと、3つに分かれています。
それぞれスキー場の丈夫で合流することができ、周りを森林に囲まれた、美しい景色を堪能することが出来るでしょう、
スキー地域の4分の3前後が森林限界より上に位置しており、美しい空気の中、滑走することが可能です。

ベースタウン近辺にはそれぞれ、ホテルやアパートメントタイプの宿泊地が用意されています。
スイスならではの、暖かくなるような田舎の生活を満喫することが出来る点が特徴で、
ヨーロッパの小さな街々の生活に浸ることが出来るでしょう。

アパートメントタイプの場合はキッチンがついていますので、必要に応じて自分で料理をすることも可能です。
なんだか時間がのんびりと過ぎる、スイスの田舎生活を楽しみたいという方には、おすすめのスポットと言えるでしょう。

スノーボードイベントも積極的に開催!

ラークススキー場では、ヨーロッパ最大のスノーボードイベントとして知られる、ユーロオープンが、近年多く開催されています。
設置されているスーパーパイプの質も非常に高い事で知られ、初心者にもおすすめの、安定した滑りを楽しむ事が出来るスポットです。

パークにも、比較的簡単なアイテムから、頻繁に滑っている方に向けたアイテムなど、幅広く用意がされていますので、色んな方が楽しむ事が出来る場所といえるでしょう。
ヨーロッパでも最大品質との呼び声が高い、パイプとパークを体験することができるスポットですので、是非とも挑戦をしてみることをおすすめします。

特に宿泊期間が風習で決められていることもありませんので、自分の通いたいように、自分が居たいように、旅行計画を組みましょう。