【スイス】ツェルマット

投稿日: カテゴリー: 海外のゲレンデ

ツェルマットはアルプス登山の玄関口

アルプス登山の玄関口としても知られ、例年多くのスキーヤーが訪れているスポットの1つが、スイスのツェルマットです。
ツェルマットでは、標高4478メートルという高さを一望できる、非常に景色が美しいスポットとしても知られ、マッターホルンを眺めながら、冬のスポーツを楽しむことができます。

またツェルマットは、スネガ、ゴルナーグラード、クライネマッターホルンの三カ所のエリアに分かれており、それぞれのコースに特徴があります。
また、マッターホルン グレーシャー パラダイスでは、サマースキーを楽しむことが出来、標高3883メートルの高さを、颯爽と駆け抜けることが出来るでしょう。
夏にも是非とも訪れたいスポットとして、日々、多くのプレーヤーが訪れています。

ツェルマットは夏冬問わずに楽しめるスポット

有名スキー場としてはもちろん、一種の観光スポットとして、夏場でも多くの方が訪れる、ツェルマット。
一年を通じてゲレンデでスノーボードの滑走が可能で、その整備された地を駆け抜けるのは、正に爽快だと言えるでしょう。
雪が降った直後は、最高のパウダースノーを楽しむ事が出来る点も、ツェルマットの特徴です。

マッターホルンを背に、雄大な自然の中を楽しみながら滑ることができるのは、ツェルマットの特権と言っても過言では無いでしょう。
ゲレンデの大きさは日本と変らないはずなのに、日本とは違う、ツェルマットだからこその特徴を味わうことができます。

オフィシャルパーク グラビティパークはどんな所?

ツェルマットにあるスノーボードパークの中でも、オフィシャルパークとして知られて居るのが、グラビティパークです。
キッカーやスーパーパイプ等が設置されていますので、気軽に楽しむ事が出来るでしょう。

また、マッタホルン グレーシャーパラダイスと呼ばれるスポットでは、標高3400メートルのスポットは滑走できる、スーパーパイプを楽しむ事が出来ます。
7~10月頃までの限定ではありますが、世界でも有数の高さを誇るスーパーパイプスポットとして、多くの方が訪れるでしょう。

夏でも涼しく快適なスイス

スイスは、夏でも何となく涼しく、過ごしやすい点が特徴です。
その為、避暑地として例年スイスを訪れている日本人も少なくありません。

ツェルマットの標高1605mに位置する街は,周囲を雪山で囲まれている分、ひんやりと涼しく、街の中に居ても心地よいでしょう。
夏場でも、半袖ですと肌寒いと感じるような気候になる事も少なくないようです。
また、電気自動車や馬車がもっぱらの交通機関ですので、非常にクリーンネスで、美しい空気、スイスの山々の美味しい空気を味わうことができるでしょう。