スノボゴーグル用曇り止めグッズの種類と選び方

投稿日: カテゴリー: グッズ・必需品

スノボで大切な曇り止め

スノボで快適にすべるためにも事故防止のためにもゴーグルの曇り止めは大切です。
洗剤を塗っても曇り止めになるといわれていますがやはり専用のものを使った方が効果が高いですし長持ちします。

曇り止めを使おうと思っても意外と情報が少なくてどれを選べばいいか困るものですよね。
そこでここではスノボのゴーグルで効果的な曇り止めの選び方を紹介していきます。

スノボゴーグルに合ったものを選ぶ

スノボゴーグルの曇り止めにはいくつかの種類があります。
その中でもゴーグルのコート加工に合ったものを選ぶことが大切です。

ゴーグルによってはミラーコートや撥水コートといったコーティングがされているものがあります。
こういった特殊加工がされているものは曇り止めによってはコーティングを傷つけてしまう可能性があります。

特にミラーコーティングをしているレンズは曇り止めが使えないものが多いです。
ミラーコーティングをしているゴーグルを持っている場合には曇り止めを選ぶ時に特に注意をするようにしましょう。

曇り止めのタイプと特徴

曇り止めには液状のものやスプレータイプなどいろいろな種類があります。
それぞれに特徴があるので自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ゲレンデで使う場合には特に使いやすいものが便利です。
そういった時にはスプレータイプを使います。
手袋をしていても広範囲に吹きかけられるので使いやすいです。

ただスプレー缶は暖房の近くなど温度の高い場所では破裂してしまうこともあります。
ストーブのそばに置くことは避けるようにするとともにエアゾールを使わないミスとタイプのものを選ぶようにしましょう。

曇り止めの効果を長持ちさせたい場合にはジェルタイプがおすすめです。
スプレーの薬剤は蒸発しやすいですがジェルタイプは年度が高いのでゴーグルにしっかりと残ります。

スプレータイプをゴーグルにかけると気になるのが液だれです。
ムースタイプであれば液だれすることなく使えます。
細かい泡が出ることで周囲に飛び散りにくく汚れないのもメリットです。

長持ちさせるにはフッ素入りを選ぶ

曇り止めの効果が維持できるよう各社様々な工夫をしています。
その中でも特に長持ちしやすいと言われているのがフッ素入りのタイプを選ぶことです。

フッ素は保護膜を作ってくれるので曇り止めがゴーグルの表面に長くとどまる効果があります。
長時間スノボを楽しむ人やスキー場で曇り止めを塗りたくない人はフッ素入りのものを選ぶようにしましょう。

ゴーグル以外にも使えるのか

スノボの時期は限られているため曇り止めをメガネやサングラスといったものに使えないか気になる人も多いです。
レンズの素材によって使える曇り止めは違います。
そのため使う前に対応しているかどうかを確認するようにしましょう。

特に多くの人が勘違いするのが水泳用ゴーグルに使えるかどうかです。
スノボゴーグルには水中での効果は期待できません。
そのため水泳用のゴーグルやマスクにつけても曇り止め効果はないです。