初心者に忘れがちな装備品

投稿日: カテゴリー: グッズ・必需品

「インナー手袋」は必ず買っておこう

スキーやスノーボードに行く場合、板やブーツ、ウェアをレンタルショップで済まそうと考える人の中には、今やレンタルで借りれないものなんてないのだから、「特に揃えるものはないだろう」と思う人も多いと思います。
しかしながら、それは間違った考え方と言わざるをえません。
初めてのスキーやスノーボードの場合、想像ができないと思いますが、雪山は相当寒くなります。

「寒くて死にそうだった。もう行きたくない」とならないように、必ず自分で購入しておくマストアイテムは揃えておくようにしましょう。

そのマストアイテムの1つに、「インナー手袋」があります。
インナー手袋とは、名前の通りグローブの下に履く手袋のことです。
このインナー手袋をしているかいないかで、雪山での快適度が大きく異なります。
スノーグローブだけでしのげるはず、とは思わないようにしましょう。
インナー手袋を装着するだけで、スノーグローブとの間に空気の層ができて、暖かさを保ってくれる役割を果たしてくれます。

手先が冷たくなって痛くなると、スキーやスノボの楽しさが半減してしまいます。
必ずインナー手袋を購入しておきましょう。

スノーボーダーのマストアイテム「プロテクター」

スキーもスノーボードも初めての人は、嫌というほど転んでしまいます。
転べば転ぶほど上達するとも言われていますので、最初から転ばずに上手に滑ることはできないということです。
転ぶ時に重宝するマストアイテムが「スノーボード用プロテクター」です。
スキーをする際も同様に使うことはできますが、スノーボードをするのであれば、必ず用意しておくことをお勧めします。

その理由は、スノーボードはスキーよりも転びやすく、しかもお尻や膝をつくことが多くなり、手首も痛めてしまう可能性があります。
打ち身・捻挫になるリスクを減らす為にも、初心者は特にプロテクターをしておきましょう。

寒さ対策に「スキー用ソックス」

意外に忘れやすくなるのが「スキー用ソックス」です。
普通のソックスでいいんじゃないの、と思う人もいるかもしれませんが、インナー手袋同様に、必ずスキー用のソックスを準備してください。
スキー場へ行くまでは室内にいて暖房がきいていますので暖かく感じますが、いざ雪山に入ると、かなり寒さを感じることになります。
しかも、感じるのは体ではなく、足のつま先や指先等、体の末端部分になります。

加えて、気温の低い日には、痛みとなって寒さを感じますので、強い痛みとなって苦痛になる可能性もあります。
スキー用のソックスは、防寒効果が施されている為、発熱作用があったり、保温素材のものだったり、しっかり足先を寒さから防いでくれます。