スキー・スノーボード用ワックスの種類と選び方

投稿日: カテゴリー: グッズ・必需品

スキー・スノボで欠かせないワックス

ワックスはスキーやスノボで気持ちよく滑るために欠かせないものです。
板が滑りやすくなりますしコントロールがしやすくなりいます。

ただワックスにも種類が多くありどれを使えばいいか迷ってしまいがちです。
そこでここでは趣味としてスキーやスノボを楽しむためにはどういったワックスが良いのかを紹介していきます。

ワックスの選び方

スキーやスノボ用のワックスにはホットワックスと簡易ワックスがあります。
それぞれの特徴を知り使う場面に合ったものを選ぶようにしましょう。

ホットワックスは効果が長持ちし板をしっかりと保護してくれるのが特徴です。
一度ワクシングをするとなかなかはがれません。
そのためウインターシーズンが終わる時にホットワックスをしておくと滑らない間もワックスが板をしっかりと保護してくれる効果があります。

ただホットワックスはワクシングをする際に専用のアイロン台やワクシングペーパーといったものが必要です。
そしてワクシングをする時にはスクレーバーで削りながら状態を整える必要があります。
初心者やスキー、スノボをあまりしないという人にとっては面倒です。

それに対して簡易ワックスは初心者やたまに滑る程度の人に適しています。
スプレーをしたり直接塗り込んだりして使いますがワクシングでアイロンは必要ありません。
スキー場の休憩時間でも塗ることができます。

簡単に塗れる分、ホットワックスに比べると効果は持続しません。
シーズンが終わったときに板を保護するために塗ってもほとんど効果はないです。

雪室に合ったものを選ぶ

スキーやスノボ用のワックスには特定の雪質や雪の温度に適したものがあります。
幅広い雪質や温度に対応できるものを選んでおくことが望ましいです。

特定の状況に適したワックスはスキー場に行った時にコンディションが合わないこともあります。
競技で使う場合にはコンディションにできるだけぴったり合っているワックスを選ぶことが必要です。
ただ趣味の範囲で滑って楽しむだけであれば幅広い場所で使えるワックスで問題ありません。

フッ素配合のものを選ぶ

ワックスを塗ったときに滑りを少しでも良くするためにはフッ素配合のものを選ぶとよいとされています。
多くのワックスはハイドロカーボンというものが配合されているのが一般的です。
この成分は撥水効果があり滑りを良くしてくれます。

フッ素が配合されているとより撥水効果が高まるので滑りやすいです。
ただフッ素が配合されているワックスになると高めのものが増えてしまいますので要注意です。
少し高めにはなりますが少しでも気持ち良く滑りたい場合にはフッ素配合のものを選ぶようにしましょう。